母は地方歌人の娘で、ぼくを産む時にラ・トゥールの大工ヨセフの絵葉書を身につけていた。
フランス美術展で見て、父親の仕事場をろうそくで照らす少年イエスに魅かれたそうだ
──こじこじ年代記3(西日本新聞連載'07/8/3)より




長谷川集平の仕事

はせがわしゅうへい
絵本作家・ミュージシャン
1955.4.19〜
兵庫県生まれ


兵庫県姫路市出身。兵庫県立姫路東高等学校卒業。武蔵野美術大学中退。

1976年第3回創作えほん新人賞を受賞した『はせがわくんきらいや』でデビュー。森永ヒ素ミルク中毒事件(長谷川自身もヒ素の入った粉ミルクを飲んだ)を扱いながら、日本人の生活や心理を大胆に切り取り、斬新な絵本作法で鮮烈なデビューを飾った。
初期の『とんぼとりの日々』『トリゴラス』『日曜日の歌』から東日本大震災以降の『小さなよっつの雪だるま』『れおくんのへんなかお』『およぐひと』『アイタイ』『あなに』まで約40年、常に絵本の可能性を問いながら、子どもからおとなまで幅広い年齢層の読者を増やしてきた。プロレス絵本『パイルドライバー』野球絵本『ホームランを打ったことのない君に』など大衆文化に対する独自のスタンスを持つ。

1977年に松本猛と絵本モンタージュ論を提唱。80年代から池袋コミュニティ・カレッジ、岡山集平塾、長崎絵本セミナリヨをはじめ、各地で講座・講演を続け、2002年より京都造形芸術大学客員教授。『絵本づくりトレーニング』は実践的入門書である。 絵本、イラストレーション、小説、評論、翻訳、作詞作曲、演奏など多様な方法でロックンロール・スピリットを貫く。

1991年から長崎市に住む。
叔父に映画監督の浦山桐郎がいる。

wikipediaより)

  • 『はせがわくんきらいや』で、1976年第3回創作えほん新人賞
  • 『プレゼント』(村上康成・絵)で、1988年ボローニャ国際児童図書展グラフィック賞
  • 『見えない絵本』で、1990年第20回赤い鳥文学賞
  • 『石とダイヤモンド』『鉛筆デッサン小池さん』で、1992年第14回路傍の石文学賞
  • 『ホームランを打ったことのない君に』で、2007年第12回日本絵本賞
  •  2012年第34回姫路市芸術文化賞
  • 『きみは知らないほうがいい』で、2015年第62回産経児童出版文化賞大賞
2002年より京都造形芸術大学客員教授


著作物 本(絵本、共作絵本、翻訳絵本、小説、評論、挿絵)、音楽作品、CD-ROM
リスト…… ●画像あり  ●テキストのみ
 
タブロー 壁画
サルコーデ・ナガサキ
FOR SALE
 
講演  
 
講座 長崎絵本セミナリヨ
その他

 
展覧会 サルコーデ・ナガサキ
その他

 
その他  



e-mail
[index]へ戻る
[What's New?]●[シューヘーとは]●[LIVE・EVENTスケジュール]●[「シューヘー通信」を読もう]●[歌詞集]●[長谷川集平の仕事]●[PHOTOアルバム]●[本とCDの通販カタログ]●[集平のブラックボックス]●[クン・チャンのレッドゾーン]●[クン・チャンの太極拳アーカイブス]●[おまけネコ]