2006年12月16日、京都造形芸術大学ディーズギャラリーの壁一面に拡大された絵の前で。
サルコーデ・ナガサキ第1楽章 春と第2楽章 夏が2週間展示された。


絵本作家として30年、長崎に来て15年、長谷川集平初めてのタブロー連作展。
長崎の風景と人をまっすぐに見て描いた48枚の絵です。

第1楽章 春   第2楽章 夏   第3楽章 秋   第4楽章 冬

画材:サクラマット水彩
絵のサイズ:A2(59.4センチ×42センチ)
制作期間:2006年3月〜2007年1月
祈りの丘絵本美術館所蔵

個展の詳細→展覧会/サルコーデ・ナガサキ


長谷川集平の仕事へ戻る